院長について

1952年徳島県三好市井川町辻生まれ。野球少年で辻中学校から池田高校野球部へ。
S45年南四国大会準決勝で土佐高に負け甲子園出場ならず。
S46年に社会人野球の国鉄四国(現JR四国)硬式野球部に入社。
民営化に移行の時に四国鍼灸学校へ入学し、鍼灸師を目指すが、速効性のある整体に出会い、あんま、マッサージ、指圧師の免許修得後、鍼灸の授業の鍼の実技(打たれるのがいやで)がいやで鍼灸科を中退し、以後、整体を勉強し1988年四国南條会に入会。2003年四国南條会を退会。現在に至る。

院長からのメッセージ
院長からのメッセージ

 香川県高松市の内田治療院院長の内田泰司です。
 私は鍼灸学校に入学した時には鍼灸師を目指しておりましたが、野球の試合中ショートを守っていて打球が三遊間に飛んできたので、横っ飛びで捕球に入り左肩を痛めました。病院に行き週1回の注射を数回打ちましたが効果なし!!鍼灸もしてもらいましたが、三ヶ月経っても一向に左肩が上がりませんでした。そして知人の紹介で整体の治療を受けたところ、数秒で完治し今までの治療は何だったんだろうと思いました。結局レントゲンに写らない肩鎖関節の亜脱臼でした。実に速効性のある治療に感激し、よし、これを勉強して野球選手をはじめ、全てのスポーツ選手の為の治療をしようと決心したのが私の治療の原点です。

 現在私の治療院は院名を「武術整躰 内田治療院」としておりますが、院名を見てもそして治療スタイルを見ても恐ろしい、そして恐そうなイメージがありますが、治療を受けられたら無痛ではありませんが、痛くありません。むしろ矯正出来た瞬間は気持ちがよいと言われる患者さんの方が多いです。ボキッとかボリとか単に骨を鳴らすのではなく、正確に治療のポイントの骨を矯正します。音がしなくても矯正は出来ている場合もあります。もちろん全身のバランスを診察、診断をしてから光線治療を施し、矯正します。ですから荒治療ではなく、痛みを出している関節の神経の狭窄を解除(矯正)してやれば痛みが取れて楽になります。腰、首、顎、背中、股関節、膝、足首、手首、指全てです。是非治療を体験してみてください。

 プロゴルファー、競輪選手、社会人野球、高校野球選手が大勢治療を受けられていますよ。そして来院患者のほとんどの方が口コミで来られています。最後に助手は家内がしておりまして、いつも患者さんの緊張を取ってくれまして治療を受けやすいようにサポートしていますので、女性の患者さんも子供さんもどうかご安心ください。

リンク
たも屋さん 民宿しらきやさん